日立マルノコベース交換








画像はアルミベースの交換後の画像です。


湾曲しているのがわかると思います。ここまで湾曲してしまうと、定規を使っても刃とベースの平行が狂っているので90cm先は大分、曲がってしまいます。なので、勿体無いですが、精度を出す為には新品と交換になります。





交換後








まずは直角の調整





若干、上に隙間ができます。




ベースの六角穴付きボルトで調整










ベースと刃の平行調整は刃からベース端までの距離を前後測定で調整します。


(撮影する為に刃と定規に隙間があるのはご了承ください)









どこで調整するかというと





画像の黒い六角穴付きボルトを画像のように緩めます。





で、画像の十字のネジで調整して完了です。


と、このようにプロ用マルノコは精度調整ができます。




できない機種もありますのでご了承ください。(マキタは最近の機種はできるようになりました)


精度がおかしいと思ったらまずはご相談ください。


また、電動工具の修理部品の在庫はスイッチなどの在庫はございますが、無いものの方が多いのでご了承ください。










エンジン工具は共通部品が多いので他メーカーのものでもすぐ修理対応できることがあるのですが、電動工具はモデルチェンジすることが多く、在庫しきれない為、対応が遅くなる場合がございます。