カーボン蓄積

混合比が高い(25:1)燃料を長期間、使用した刈払機の修理です。
(まれに半年でこの状態になってしまうこともあります。)




原因はオイルが濃いことや、粗悪なオイルを使用し続けたことにあります。オイルには等級がありますが、グレード高いから、刈払機、チェンソーにも良いとは限りません。
焼きつかせたくないとの思いから多めに混合することもよくありません。




ちなみにこのぐらいピストンシリンダーに溜まっている刈払機はマフラーも詰まってます。(目視で確認する場合は、マフラーを見てから、ピストンシリンダーと、なることが多いと思います)

こういった症状の場合スターターロープも切れやすくなることがあります。
このような症状を改善する修理も承っております。



また、機械の初期性能を維持するには混合オイルは重要な役割を果たします。

混合オイルは50:1の スチールのHPがお勧めです。さらにHPスーパーがお勧めです。燃焼率が違います。